RECRUIT 社員インタビュー

ABE YASUNA

デザイン部 UI/UX デザイナー阿部 恭菜

PROFILE

2015年中途入社。
前職ではデザイン会社でデジタルコンテンツ等のグラフィックデザインに携わる。出版社・テレビ局などがクライアントの案件に関わり、多くの経験を積む。
OVERRIDE入社後は、UI/UXを担当。デザイン部チーフとして、実務の他、進行、クオリティ管理を行う。

UI DESIGNER
COMPANY PROFILE

入社したきっかけを教えて下さい。

前職では、版元様ありの外注業務が多く、一番重視されるのは、納期とクオリティの兼ね合いでした。
そんな中、OVERRIDEの存在を知り、自社開発としての作品を扱っていること、札幌内で大きなプロジェクトに携われる企業である事に魅力を感じ、興味を惹かれたのがきっかけです。
しっかり時間をかけ、納得のいく物をみんなで一緒に揉み合いながらつくれる事。今まで培った知識を生かしつつ、また別の働き方を学ぶ事ができるのではと、入社を決意しました。

現在の仕事内容について教えて下さい。

ブラウザゲーム、IOS、androidアプリの開発に携わっています。内容はUI/UXがメインとなっています。
イメージ、レイアウト、各パーツの作りこみ含め作成していくのですが、開発企画部、システム開発部ともコミュニケーションをとりながら、企画段階から関わることが必要になってきます。プロジェクト全体で進行し、意見交換しながら一つのものにしていくことが出来る環境は、とても恵まれていると思います。
また、実制作の他に、デザインスタッフのスケジュール管理や、制作物のクオリティ管理を行ってます。各個人のスキル、仕事量の調整や、実装日などの考慮も含め、特に同じプロジェクトのスタッフとは蜜にすり合わせをし、仕様内容など、他部署との共有もしながら進行していく仕事です。

COMPANY PROFILE

仕事をする上で大切なことは何ですか?

遊んでくれるユーザーの感じ方が一番大切かと思います。アート的な制作者のこだわりや、主観的すぎるのは絶対良くないな、と。
様々な制限の中で形にしていくことが必要になります。企画自体の意図と意味、その効果、実装工数などで板ばさみになりながら、形にしていくというのも日常茶飯事です。各スタッフと蜜にコミュニケーションをとりつつ進行していくことが重要な業種だと考えています。
また、いつも心に留めている事は、自分の作ったものを客観的に見れているかどうかです。クオリティを上げるため創りこむ事はもちろんですが、自分がユーザーだったらどうだろう、伝えたい内容が伝わっているかな、と日々向き合い、悩みながら制作に励んでいます。
その為にどんな物も構築できる技術が必要になってきますので、学ぶことを怠らず、スキル向上していく姿勢が必須かと思います。

会社と共にどう成長していきたいですか?

ヒット作と呼べる作品をどんどん生み出せるように、社内体制を整え、有能な人材を増やすべく、会社と共にデザイン部署としてもスキルアップしていきたいです。
私は現在、管理業務が多くなりがちですが、まだまだプレイヤーとして、学びたいこと、知識不足な事が沢山あります。スキルアップのため、日々勉強だと思っていますので、自身の幅を広げる為にも、専門分野以外に関することも含め、積極的に学んでいきたいです。

NEXT CONTENT