RECRUIT 社員インタビュー

YOSHIDA TOMOKO

デザイン部 演出デザイナー吉田 倫子

PROFILE

2011年中途入社。
大学を卒業後、モバイルコンテンツ開発の現場を経てOVERRIDEへ入社。
入社直後はイラスト制作やFlash制作が主な業務であったが、現在はファンタジーへの造詣の深さや、豊富な知識が認められ、「かんぱに☆ガールズ」のメインデザイナーとしてゲームの世界観構築に従事している。

PRODUCTION DESIGNER
COMPANY PROFILE

入社したきっかけを教えて下さい。

札幌のモバイルコンテンツの制作会社に勤めていた時に、知人づてで「働きやすい会社があるから来てみないか」と声をかけてもらったのがきっかけです。
当時、OVERRIDEは自社開発はしておらず、今よりも名前が知られていませんでしたが、長期間サービスを提供するオンラインゲームの運営をやっていて、じっくり物を作る面白さがありそうだなと興味を惹かれました。
当時は社内のデザイナーも片手で足りる程の人数しか居らず、色々なことができそうだったのも魅力でした。

現在の仕事内容について教えて下さい。

2Dデザイナーとして入社後、イラスト、演出、エフェクトデザインの担当を経て、現在は「かんぱに☆ガールズ」のアートディレクターとしてデザイン面のチェックを主に担当しています。
今やっていて楽しいのは、新しいアイデアをディレクターやエンジニアなど含めてチームで相談する場面かもしれません。私はもともと人見知りをするタイプなのですが、物を作る相談を真剣にすることはとてもわくわくします。
作業するのも好きなので、今も時々絵を描いたりエフェクトを作ったり、大元のレイアウトを作ったりもしています。

COMPANY PROFILE

仕事をする上で大切なことは何ですか?

難しいのですが…受け手の気持ちになって考えるように、という点は気をつけています。ゲームの場合は遊んでくれるユーザーさんですね。
物を作っているとどうしても前のめりになっていくので「これってそもそも何を楽しんでもらいたいんだっけ?」と、繰り返し自問自答するようにしています。
分からなくなったら他の人に見せて、意見をもらいます。一緒に考えてくれる人が居る環境はとてもありがたいです。いざという時助けてもらえるよう、日頃から持ちつ持たれつを意識しています。

会社と共にどう成長していきたいですか?

OVERRIDEは、元々自由な気風のある会社でした。また、DMMというグループも「やりたいことはやってみなよ」というおおらかな雰囲気を持っていて、グループに入って会社が大きくなった今でも、根っこの部分は変わっていないように感じます。
自分としては、ご飯をたべていくために毎日の仕事をこなすので精一杯なのですが、そんな中でもここの自由な空気を少しでも吸って、良いところは見習い、良いものを作れる人間になっていけたら良いなと思っています。

NEXT CONTENT