RECRUIT 社員インタビュー

YAMAUCHI TAKATERU

デバッグ部 デバッガー山内 貴照

PROFILE

2015年中途入社。
大手ゲーム制作会社にて品質管理業務に長年携わり、リード職、チーフ職を経験。その後知人の紹介を経てOVERRIDEへ。
自社タイトルのデバッグをはじめ、デバッグ部立ち上げにも大きく貢献し、複数テスターの管理を兼任。現在、自社タイトルに限らずDMM.comグループサービスの品質向上の一旦を担っている。

DEBUGGER
COMPANY PROFILE

入社したきっかけを教えて下さい。

前職のゲーム制作会社で同僚だった知人がOVERRIDEで既に勤務しており、その彼に声をかけてもらいました。デバッグ部の立ち上げから関わることができると聞いて、直感的に「おもしろそうだな」と感じたことが入社のきっかけです。
新規事業部の立ち上げは苦労も多いだろうとは思いましたが、それ以上に新たな道を切り開く事は、とても魅力的であり、やり甲斐もあると感じました。これまで私が得たデバッグ経験や知識等のノウハウを最大限発揮でき、お客様に安心・快適に遊べるコンテンツを届ける!というモチベーションが日毎に増していき、入社を決意しました。

現在の仕事内容について教えて下さい。

入社当初はデバッグ部が立ち上げ前でしたので、開発企画部に所属し、ゲーム制作の熱量を身近で肌に感じつつ、より良い作品を送り出す為のデバッグに全力を注ぎ、その後テスト仕様書の作成やテスト計画などにも深く関わっていました。
数人で協力しながらデバッグ部を立ち上げ、現在はこれまでのテスト業務に加え、自身のリード職、チーフ職の経験を活かし、複数名のテスターの管理業務も兼任しております。苦労も多いですがゲーム開発の一旦を担うことは、やはりやり甲斐も多く、何より楽しいですね!

COMPANY PROFILE

仕事をする上で大切なことは何ですか?

私たちの仕事はコンテンツに対しての品質を厳正に管理することと、クオリティアップを図ることです。自分たちが手がけた作品を世に送り出した後、お客様が快適に、より楽しく利用できるようにはどうするべきか考え、作業しています。
また、デバッグという業務は個人型の作業に見られることが多いですが、こんなにもコミュニケーションを必要とする仕事は無いと思っています。ゲームデバッグはディレクター、エンジニア、デザイナーなど、さまざまな職種の方と深く関わりますので、互いの信頼関係の構築はもとより「仕事に対して誠実であること」を最も大切にしています。

会社と共にどう成長していきたいですか?

デバッグ部はまだまだ立ち上げたばかりの部署なので育成フェーズにあり、アルバイト採用も積極的に行っています。
私がこれまで得たデバッグ作業の知識や経験を多くのスタッフに共有し、お客様に安心・快適なコンテンツをご提供いたします。
デバッグ部としても会社の成長スピードに負けぬように、自社ゲームタイトルに限らず、多くのDMM.comグループサービスの品質管理を任せていただけるように部署の存在感を高めていきたいと思っています。そのためにも常に「仕事に対して誠実」でありながら、日々邁進していきたいと考えています。

NEXT CONTENT